プロローグ

このコーナーを読むにあたっては、おそらくこれからイシダイ釣りをやってみようか、あるいはすでにやっているけど、イマイチよくわからない・・・という方がほとんどではないでしょうか。イシダイは昔から“荒磯の王者”と呼ばれ、なんとなく難しい釣り、あるいは男の釣りというイメージが抱かれています。

しかし、釣れる時期に釣れる場所に行くことができれば、そんなに難しいものではなく、十分狙って釣れる魚です。また、イシダイ釣りの仕掛けは非常にシンプルで、どちらかといえばルアーに近い感じです。アタリもウキを使わないため竿先や手元までダイレクトに伝わり、よほどのことがない限り見逃すことはありません。

とは言っても、イシダイ釣りはやり始めるととても奥が深く、迷路に入り込むこともしばしばあります。そこでこのコーナーでは、イシダイ釣りをできるだけ詳しく解説し、誰でも楽しめる方法を書いていこうと思います。写真だけなく、動画での解説も入れる予定なので、気長(?)にお待ちください。

では、さっそく始めましょう。おっとその前に「おまえは何者?」と思われる方もいるかもしれないので、まずは簡単に自己紹介しますね。私(大野哲也)は1960年福岡県生まれ。磯釣りを始めたのは弱冠18歳の頃でイシダイ釣りは20歳からやり始め、かれこれ40年近くになります。
21歳のときに「釣りを仕事にしたい!」と釣り出版社に飛び込み、様々な釣りを体験しました。なかでも離島のイシダイとオナガグレにはどっぷりとハマり、宇治、草垣、黒島、硫黄島、そしてトカラ列島と南西諸島にはよく通いました。単身で9週連続福岡から鹿児島の枕崎まで走ったこともあります(笑)

30歳代の後半になると今度は男女群島にせっせと通い、ほとんどのポイントで竿を出しました。40代の時に「一生に一度の贅沢」と、ゴールデンウィークが終わった翌日に友人と2人で渡船をチャーターし、サメ瀬でイシダイを釣りまくったことも。今となっては懐かしい思い出です。そして50代になるとMr.Ishidaiを立ち上げ、毎日いろんな釣具をいじくっては次世代のイシダイ釣りを考えています。おっと長くなりましたのでそろそろ本題に戻りましょう。

イシダイ釣りのおもしろさは何といっても竿を海中に引っ張り込むような独特なアタリと、ハリに掛かってからの凄まじいパワー。これらを実際に体験すると声も出ないほどびっくりさせられます。とくに60㎝を超える大型ともなると「もう止めてくれ!」と叫びたくなるくらい強烈なファイトで楽しませてくれ、イシダイ釣りが男の釣りといわれる所以がここにあります。

イシダイ釣りに入門してしばらくは「とにかくイシダイの顔を見たい」に尽きると思います。でも、ある程度の枚数を仕留め、次第にイシダイ釣りが分かってくると今度は「デカバン狙い」と「型よりも数」という二つに道に分かれます。
前者はとにかく一日のうちに一度もアタリがなくても辛抱でき、ボウズ続きでもいつかデカバンが釣れることを信じる大物キラー、そして後者はイシダイの親戚であるイシガキダイでもいいから、とにかく竿を曲げたい、たくさんアタリを楽しみたいという釣果優先型。

登山に例えるなら、大物志向はさながらマッキンリーやエベレストを目指す登山家であり、一方の数釣り派は低山でも自然の中で散策できればいいというトレッキング派と思っていただければいいかと。ちなみに私は20~30代は大物に絞って釣行を重ねていましたが、だんだんとその気持ちはなくなり、今はもっぱらアタリの回数に楽しみを見出しています。