好調 野間池!!

ゴールデンウィークは仕事で明けてから釣りに行こうと決めていて
5月8日の 月曜日に今絶好調の野間池、栄進丸にて釣行。
平日なのでお客さんは少ないかと思って港に到着する。
するとさすがに60オーバーが続出しているエリアには多くの底物師たちが…
同船したお客さんに話を聞くと、
ゴールデンウィーク中より今日はお客さんが多いとの事。

乗りたい瀬はあったのですがこれだけ多ければ難しいと諦め船に乗り込む。
この栄進丸は瀬の予約を受け付けていないため完全船長任せとなる。
そしてどこに乗るんだろうと心踊らせながら朝6時に出港し、私が上礁したのは大横瀬という野間岬の先端に位置し、潮通しが抜群に良い場所。
しかもこの大横瀬は私が石鯛を初めて釣った忘れもしない瀬!

早速タックルを準備。
私はいつも予備のために竿は2本、リールも2個持って行き、もしものことがあった場合に備えている。
赤黒デザインMr.Ishidaiのロッドケースに食い込み重視のカリプソ500と、張りのある天空の剣490MHが入っており、どちらも気に入っているのですが、迷った末に取り出したのは少し短く手持ち宙釣りに最適な天空の剣をチョイス。

リールは手持ちに最適なD社の30番をセット。このリールには最近私の周りにはナイロンを巻いてる方が多いが当たりの取りやすさや根掛かり時の切りやすさを考え、15号のPEを巻いている。

瀬ズレにはダブルクッションゴムを付け、真空オモリ10号を装着。
軽いオモリで竿の長所を最大限まで引き出す作戦である。
ハリスワイヤーは25cm、ハリは16号を使用。

エサは前日釣具屋で購入しあら割にしておいた赤貝5kgとエサ取りが多すぎてどうしようもない時のためのアシハラガニを20匹ほど準備。

まずは殻付きのあら割のまま生の赤貝を5個程度針に通し期待を込めカウンター8mに投入して手持ちで構える。
すると、ん?
エサが取られない…。
2〜3分程度そのまま手持ちで構えるがコツリとする当たりもなく
エサもかじられたあともなく不安な状況が…(;’∀’)

大横瀬というところはとても広い瀬で、ポイントも広範囲でどこを探ってもちらほらコツコツぐらいの当たりで不安な気持ちは続いたまま時間だけが過ぎていく。

9時すぎに近くにいた船長から当たりがあるかの確認があり、当たりがないことを告げ瀬替わりすることに。次に上がったのは片平という瀬で、大潮満潮時には完全に沈み、潮が大きかったり少しでも時化そうな時には乗れないプレミアムな瀬である。

その瀬に乗れた感動とよし頑張るぞという意気込みでまたまた新鮮な気持ちで第1投をカウンター10mに投入する…しかしその意気込みとは裏腹にここでもエサ取りもいなく、赤貝の剥き身3個掛けがそのままハリに付いてくる状況…。
ここもかぁと思い、荒割りにした赤貝をパラパラ撒き餌をし、おにぎりを1個食べて再び手持ちで構える。

するとコツコツとあきらかにエサ取りとは違う当たりが…。
さらに天空の剣の竿先を抑えこんでいき30㎝ほど送ったが、後一歩というところでエサを放してしまった。すかさずもう一度同じ棚へ投入するも先ほどの当たりはなく、ちょうどその時友人からどこの瀬に乗ったかな?などの電話が来たので今当たりがあってなどのやりとりをし、改めて同じタナを探ると先ほどの当たりがあり、今度は食い渋りせずに天空の剣が海面目がけて一直線に!

魚を掛けた場所にはちょうどハエ根があり、主導権を握らせないために体制を整えてやりとりをを始める。ようやく魚影を確認すると紛れも無い本命7本縞。
型は48㎝、2kgと小ぶりではあったが苦労してとった貴重な一枚となった。

ストリンガーに掛け、時間があるのでまだ釣れるのではないかと期待を込め投入するもまたまたエサを取らない状況となり、そのまま納竿まで当たりはなく今回の釣行は終了となった。

今回はピトンも打たず、ずっと手持ちで釣りをしていたのですが、天空の剣の操作性のしやすさや軽量ということもあり疲れが全くありませんでした。

本命を釣ったのでウキウキして回収の船に乗り込むとバッカンから出ている銀色の巨大な尻尾が…そして私が第一希望で乗りたかった瀬からも巨大な魚体が…さすが今期絶好調の野間池。

ちなみのこの日の上がった最大の石鯛は68㎝、6.7kgのデカバン!思わず盗撮してしまいました(*^^)v

この石鯛をみたらやはり次回も挑戦したくなります。
まだまだ石鯛は釣れるので潮回りが良さそうな日を見計らって仕事に打ち込み休みをとりたいと思います。

野間池…今が旬です!!

(文と写真/木場啓輔 M.I.F.C)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です