天空の剣、久志ではばたく!

梅雨明けを間近にした7月10日、ホームグランドの鹿児島県久志へ出かけました。同じM.I.F.Cの川路君のたっての希望もあり、久しぶりの平日釣行である。

午前5時半の出船に間に合わせるために余裕を持って自宅を出発。しかし、
やる気満々の相方は〇坊したらしく、遅れてくるとのことで1便目の乗客は私一人だった・・・( 一一)

前日からのシケが少し残っているのと南西からのウネリで瀬の周りは真っ白。
風裏となる大瀬を目指すが久しぶりに緊張感のある瀬上がりとなった。
まずは安全のため、波の上がってこない場所へ荷物を運ぶ。
南の風の影響で、蒸し暑さも手伝ってか既に汗びっしょりとなって、しばし休憩の後タックルの準備に取り掛かる。
本日のタックルは
竿:天空の剣490MH
リール:2000番
ライン:22号
オモリ:25号
ハリ:M2-15号
ピトンはラークピトン、ロッドコードプレミアム竿キズツカーズなどのMr.ishidai製品ほぼフルラインナップで挑むこととした。

ここ最近の状況では、石鯛のアタリが中層から上のタナで多く拾える状況であったため、通常狙う25m付近ではなく、春に良くアタリが頻発する15m付近から攻めてみることとした。
狙いはビンゴの様で、カベに安定すると共にエサのガゼがペロッと無くなる状況が2投目まで続いたので、3投目、しめしめと思いながらそ~っと同じタナに仕掛けを落ち着かせると、一呼吸おいてから本命独特のズシッ!ズシッ!と穂先を抑え込むアタリを拾うことができた。
好活性であるようで一度抑え込んだ穂先は戻ることを知らないかの様に海中へと引き込まれ手元にあの重々しい重量感が伝わる。竿と道糸が一直線になり、道糸が伸びるような何とも言えない感覚が襲いかかる。確実にハリを咥えて走った事を確認し、合わせを入れる。手元に伝わる感じでは元気のある小型の石鯛の様な感じを受けたので天空の剣490MHのパワーに任せて竿の弾力だけで浮かせてみる。

掛かった石鯛も暴れることなくすんなりと浮いてきたが、結構な良型である。
ハリ掛かりを確認し、ブリあげると60㎝には足りない腹が少し膨らんだメスの回遊石鯛だ。


それにしても天空の剣490MHは何と高バランスで扱い易い仕様になっているのだろうと驚いた。仕掛けの投入から回収、餌の交換など手返しの早さなどにおいても申し分の無い竿に仕上がっていることにも感心する。

石鯛は早速、ストリンガーポーションⅡでガッチリと繋ぎ止め、海の中で回収まで泳いでもらうことにする。足元はかなりのウネリにより真っ白で、石鯛も泳ぎ辛そうと海中を覗き込むと、ビックリ!2mほどのサメがいるではないか。慌てて引き揚げ後ろのタイトプールに入れるがこちらも満潮時間と重なって洗濯機状態。こんな時はドンゴロスなどの持参も必要と感じた。

その後もペロッとガゼが無くなる状況が続き、本命の下げ潮が入りだした午前10時、置き竿にしていた天空の剣490MHが海中めがけて突っ込んだ、2度、3度の突っ込みを確認し、ピトンから外して竿の弾力だけで魚を暴れさせることなく浮かせてくれる。何とも素晴らしい竿だ!
1枚目よりも少し小さい7本縞であるが十分に満足できる型なので、ストリンガーに追加。


昼に近づくにつれて大潮の流れも速さを増し、段々と釣り辛さを増してきたが、操作性の良い竿の為、狙った投入点に確実に仕掛けを入れることも可能なので仕掛けさえ入れることができれば確実にアタリを捕らえる事が出来た。
3匹目は5キロを優に超える大瀬お決まりの青ブダイ。優しく海にお帰りいただいた。
80個用意したガンカゼは回収前には底をつき早目にゲームセット。回収の船を待った。港に戻り、2代目に検量をお願いした結果、55㎝、2.3㎏と50㎝2.1㎏の、のっ込みの石鯛でした。

今回の釣行で思ったことは
1、春をまだ引きずっているようなのでタナは浅目に。
2、大型のオスの気配も十分なので貝餌もあった方が面白いかも。
3、水温が高い状況にあるので、釣った際のキープ方法も考える必要あり。
4、使用済みの仕掛けの放置、ごみの放置、餌の放置は後の人の事も考えて。
5、暑さ対策は自己責任において十分な対応を。
以上でした。

使用渡船:妙丸 0993-68-0717
(予約、出船確認は必須)
エサ:必要な時は釣行予約の際に注文してください。

(文と写真/久木崎 稔 M.I.F.C会長)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です