平戸宮ノ浦の秋磯開幕!

9月10日、当初は3人での釣行予定でしたが、仕事や用事があるなどで2名がキャンセル。結局、単独釣行で平戸宮ノ浦を目指しました。

いつもお世話になっている丸銀釣りセンターに早目に到着し、3時間しっかり仮眠して夜明け前に出船、第1希望の魚釣崎はルアーマンの先客がいて、第2希望のイン瀬も夜釣りの上物客でダメ(>_<) 結局、ナガバエに朝まずめ狙いで瀬上がりしましたが、当日の潮は本命ではない上げ潮で釣り座は満潮時には水没するため、船長に早目に瀬替わりする事を告げます。

まずはM10シャフトアダプターにラークピトンをセット、ロッドコードPremiumをつなぎ、次に仕掛けをセット。ここは根掛かりが多いポイントなので、パイプテンビンを使用し、ガンガゼを付けて少し明るくなってから第1投。50m地点で当たりを待つ。しかし5分たってもまったく当たりが出ないので、45m、60mと当たりが出るポイントを探しながら打ち返しましたが、穂先を押さえるような当たりはなく、なんと予想もしなかったスズメバチが出現!

釣り座の回りを5~6匹ほどウロウロして恐ろしくて、ヒヤヒヤして集中できない。それでも釣り始めから1時間以上経ってやっと穂先にコツコツと少し押さえ込む当たりがあり慎重に手持ちでテンションかけながら当たりについて行くと、小型のイシガキが釣れました。でもストリンガーでキープ出来るサイズではなかったのでリリースして、これから釣れ出すのかな~と思って期待していましたが当たりもなく、スズメバチがいることもあって9時の見回りで瀬替わりすることにしました。

イン瀬の近くまで行くと、上物の夜釣り組が帰っていたので入れ替わりで上礁。満潮の潮止まりまでは後1時間あり、潮の動きも本命の良い感じで流れていたので、バタバタと準備し瀬替わりして1投目を60m地点に投入。そして手返しを早くするためにハイパースコップでガンガゼのケンをカットしていると、穂先がコンコンと揺れて見つめていると、ギュイ―ンと穂先が凄いスピードで突っ込み竿がこれ以上曲がらない位まで、曲がり込んだ!

あわてて竿に飛びつきピトンから外すと合わせるどころか、強烈に引っぱられリールが巻けず、腰を落として耐えるしかない状態で、絶対これは逃がさないと反撃するタイミングをはかっていると、なんと痛恨のスッポ抜け…( ;∀;)
当然しばらく放心状態となってしまいました。

大物の正体が何だったのか見たかったけど、気を取り直し再度60m地点を狙うと少し押さえ込む当たりがあり、大バラシの後だけに慎重に置き竿から手持ちでテンションかけて送るとすんなりギュイ―ンと走ってくれ、まずまずの重量感と引きを楽しましてくれたのは2kgクラスのイシガキ。

さっそくストリンガー5にワイヤーを通し、ポイント後ろの浅い所で活かしました。そしてテンポ上げて釣ると50~60m周辺で当たりが連続し、2枚3枚と同サイズのイシガキを追加。ここで潮が下げの時間となったので瀬替わりするか考えていましたが、潮の流れはまだ上げ潮の流れが残っていて釣れそうな感じだったので、少し頑張ることにして置き竿にしていましたが、やはり当たりは少なくなりダメかなーと思っていましたが、しばらくして置き竿が舞い込み、合わせを入れるとまずまずの強い引きで本イシの登場!

さらに当たりの間隔は長くなったものの、それからも5~10分置きにイシガキが釣れ、合計8枚のイシガキと1枚の本イシを仕留めることができました。

浅瀬で活かしてつないでいたストリンガー5に5枚キープしていましたが、全ったく魚が弱らずに元気に泳いでいました。今回遠投ポイントで浅い所で試してみましたが使い勝手抜群でした。

秋磯一発目でクーラー満タンの釣果。一発大物をばらした悔しさがありましたが、宮ノ浦の秋磯を満喫しました。
みなさんもぜひ宮ノ浦にチャレンジしてはいかがでしょう!
オモリとエサは多めに!!!

(文と写真/安武政寛 M.I.F.C理事)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です