64.5㎝が優勝魚!第2回チャンピオンカップ

11月12日、M.I.F.C(Mr.Ishidai FUN CLUB)主催の

「チャンピオンカップin五島」が開催されました。

福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、そして広島から集まった

参加メンバーは、午前2時過ぎに平戸から「NFC海遊」で一路五島へ。

風向きが北だったことから中五島に展開すると、さすが秋の好シーズンだけ

あってポイントは満タン。それでも空いている場所を探しながら

メンバーを磯へと渡礁させていきます。

やがて夜明けから、いざ釣り開始。

スマホで次々に情報が入ってきますが、なかなか本命の声は聞かれず

「とにかくハト(イラ)が多い」「ハトの天国だあ!」と

どうやら外道に手を焼いている様子。

それでも「イシガキが釣れた」「本イシも上がった模様」などと

ニュースが飛び交い、午後2時前に納竿。

帰港後の検量では、北九州から参加の川頭さんが取り出した

デカバンに注目!

実寸64.5㎝でぶっちぎりの優勝となりました。

2位は残念ながら本イシは提出がなく43.5㎝のイシガキを釣ったM.I.F.C副会長の

大穂さん、3位には佐賀の岩崎さんがそれぞれ入賞となりました。

表彰式では優勝の川頭さんに石鯛JAPANの天空の剣490が授与されたほか、2

位、3位、そして会長賞と続き、大いに盛り上がりました。

「釣りは楽しく、和気あいあいと!」がモットーのM.I.F.C。

今回も大いに笑い、旧知の仲間、新しい仲間と楽しめた秋の一日でした。

参加者のみなさま、大変お疲れ様でした。

今回参加できなかったメンバーの方は、ぜひ次回ご参加ください。

 

 

新製品テストで予想以上の大爆釣!平戸宮ノ浦

10月28日、今回の釣行は所属する玄海石鯛クラブの秋季大会。しかし季節外れの台風で寸前までクラブの仲間と中止にするか悩んでいましたが、思ったより台風の動きも遅く、昼前から雨模様になるけど、風裏が多い宮ノ浦なので決行することにしました。

いつもお世話になっている丸銀釣りセンターに集合して夜明け前に出船し、それぞれ船長に相談しながら、好きなポイントに瀬上がりして行き、自分は石鯛釣りでは初めて瀬上がりする、モトバン横のポイント(カブシマの高いところ)に上がりました。ここは以前から遠投でやってみたいポイントだったのでわくわくしながら、遠投で一発デカバンが釣れないかな~と思いながら、Mr.Ishidaiからの発売予定のパイプコークをセットし。ガンガゼを付けて50m沖に投げる。

ところが水深は4~5mくらいしかなく少し不安に・・・。だが上がってしまった以上ここで頑張るしかないと思い当たりを待つ。
10分たっても当たりが無いので手返しを多くすると、やっとコツンと穂先に当たりがあり、置き竿から手持ちに変え当たりについていくとギュインと走りましたがこれはハトポッポ(>_<)

それからもたまにコツコツ当たるが押さえ込む様な当たりがなく、ガンガゼの芯が残ってくる状況が続き潮の流れも横流れで遠投するとラインが流れでもっていかれて、今日は厳しい釣りになりそうだな~と思っていたが、時間が経つと潮の流れが少し緩み出し穂先にコツコツと当たりがあり、少しずつ押さえ込んで行く。手持ちでテンションかけながら送ると気持ちよく走って合わせを入れ、魚を海面まで浮かすと小型ながら石鯛の登場!

初めてのポイントで、とりあえず大会の対象魚が釣れて喜びほっとしたところで、クラブの仲間に連絡し、状況を確認するとイシガキは釣れているとのことでしたが、ポイントによっては風が強く釣り辛い模様。そして瀬替わりするので手伝ってもらってよいですかと言われて、釣りを止めて船に乗り瀬替わりの手伝いをして、船長と話しをしていると、下阿値賀島の小瀬西の釣り人が正午で帰るから、交代で上がればと言われ、エサもたくさん残っていることだし、瀬替わりすることにしました。

小瀬の西に行くと先客の釣り人がなんと60㎝オーバーを釣っていたので、羨ましいと思いながら交代で瀬上がりし、エサが余ったからとヤドカリまで頂き、お礼を言ってバタバタと準備して釣り開始。ここは足元がポイントだそうだが、あえて遠投で使用していたパイプコークをそのまま使い、ガンガゼ付けて第1投目をカウント25に入れる。

仕掛けが落ち着く前にすぐにコツコツと当たり、高活性なのが伝わってきます。やっぱり宙釣りポイントはエサ取りが多いな~と思いながら仕掛けを回収すると素針!!! 期待できそうな感じだったので、急いでガンガゼ付けて2投目、今度はカウント20くらい投げ仕掛けが落ちる時コツコツと当たる所で仕掛けを止めてテンションかけて少しずつ押さえ込んで行く当たりに付いて行く。するとギュイ―ンと竿に乗ってきたので、しっかり食い込ませ一気に合わせると重量感がある感触が伝わってきた。引き具合からして石鯛と確信して浮かせると縞模様が消えかかっている55㎝、3kgオーバーの良型。

これで大会の優勝は間違いないと喜びながらストリンガー5に繋ぎ、海の状況を見るとまだまだ上げ潮の反転流が良い感じで入って来ていて釣れそう。そして足元の浅いカウントで試してみようとカウント10で落ち着かせると、またもやすぐにガツガツと押さえ込んで走り今度は良型のイシガキが釣れました。

その後も連続でイシガキが釣れて高活性だったのですが、宙釣りポイントなので、やはりエサ取りも多く仕掛けが落ち着く途中でエサが無なくなったり、キタマクラが2回も引っ掛かったり、底近くまで落とすとアラ釣りの仕掛けに引っ掛かるので、思い切って捨て糸を長くとり、オモリを35号と重たくしていっきに仕掛けを沈める作戦でカウント12~15を集中攻撃。この作戦がぴたりとはまり、またもや3kgクラスの石鯛が釣れ、その後も50㎝クラスの石鯛が釣れて、まるで春ののっこみ男女群島みたいな入れ食いに! しかもサイズが良く、ポイント周辺に石鯛が溜まっているみたいでした。

エサはサザエやヤドカリも良かったですが、もっとも釣れたのはガンガゼ。本イシはガンガゼを嫌う・・・という風潮がありますが、条件次第ではこんなこともあるのかと痛感した次第でした。

結局、正午過ぎの瀬替わりから回収の15時までの約2時間半、40~55㎝までの本イシを6枚、40~45㎝のイシガキを6枚仕留め、クーラーに入らない凄い釣果で最高に楽しめました。港に帰ると仲間も石鯛は釣れていなかったものの、イシガキは釣っていて、皆に羨ましがられ文句なしの優勝で魚は仲良く皆で分けました。

昼から雨模様だったけど途中で風も少し弱くなり、船長のお勧めで良いポイントに瀬替わり出来たことが一番の釣果につながりました、また大会に参加してくれたメンバーにも感謝です。

今回使用したパイプコークは、小さな当たりでも感度抜群で、しかも仕掛け絡みがなく、すんなり走ってとても良かったです。これからの石鯛釣りには欠かせないアイテムだといえます。

今年の平戸、宮の浦は近年まれに見る石鯛の当たり年です!これから沢山のデカバン60㎝オーバーが天気さえ良ければ沢山の釣果が出ることでしょう。是非チャレンジしてみて下さい。

(文と写真/安武政寛 M.I.F.C理事)