行って来ました!秋の男女群島!

春の男女群島で爆釣を味わった後は、今年はナゼか石鯛の顔を拝む事が出来ないまま秋磯となってしまい、ストレスが溜まるなか11月24日の夜便で男女群島に単独釣行を決行しました。

21時過ぎに平戸口のあじか磯釣りセンターに到着。
まだ出船時間までに時間があるので、待合室横にエサの注文に。
今回手配したエサはガンガゼ100個、サザエ1kg、バフンウニ1kg、
それにマキエ用のガンガゼを2缶。また、自宅に保存していた赤貝の塩〆も持って来ている。
エサの手配後は待合室で待機をしていると、ヘラクレスの前田船長が来られたので挨拶をすると私の顔を覚えてくださっていてとても嬉しかった。

22時を過ぎた頃に船に荷物の積み込みが始まり、私は2番目に呼ばれて積み込み、他の釣人の積み込みを手伝う。今回の釣り客は24人で半数以上はルアーだった。荷物の積み込みを終え、23時頃に出港となった。

海は穏やかで約3時間半で男女群島に到着。
船は東側の磯からルアーマン達を各所に下ろし、上物・底物師達を所々で下ろして行く。
そして下の赤瀬に最後のルアー客を下ろすと、船はどんどん女島を離れて行き名礁サメ瀬に向かった。
私は幸運にも小ザメに渡礁する事が出来た。
しかし、小ザメは初めての磯だったのでヘッドライトで磯上を確認し道具置き場、釣り座の確認をする。
一息ついて、御神酒で今回の安全と爆釣を祈願する。

今回のタックルは
竿が天空の剣490、道糸は発売されたばかりのHEROⅡ20号、ハリM-2本イシ15号、コイルテンビンにオモリ18号をセットする。

夜明けまではしばらく時間があるので、仮眠を試みるが興奮して寝付けないまま夜明けとなった。
穂先が見える時間になり状況を確認するため、まずは赤貝を使ってみる。
最初はカウンター10で探るが全まったく魚の反応がない。
ようやく反応が出だしたのは竿出しから20分が経った頃であったが、どうもエサ取りの様子。
それから数投目に穂先を勢いよく押さえたのでアワセを入れると、案の定エサ取りのイスズミがハリ掛かりしてきた。

次はカウント13のタナを攻める。すると、石物の反応が出て穂先を押さえ込んできた。
そして、走るまで待っていると竿先はゆっくりと海面に向かって行く。
竿にしっかりと重みが乗るまで待って合わせをする。ハリ先はしっかり魚を捕らえて引きを楽しむ。
やがて上がって来た魚は50cm程の本石!
すぐに魚をストリンガー5に繋いで次の魚を狙う。
しかし、エサ取りの活性も上がり、塩〆赤貝がもたない状況になったため、ハリ上に赤貝を連掛け、ハリ先に小さめにカットしたサザエを付ける。このエサのパターンが的中し良型の本石を2枚追加した。

時間は10時となり、見回りの船が来たがまだアタリが続いていたので瀬替わりはせず残ることに。
船が離れて1時間くらいはアタリが頻発したがやがては途切れた。釣り座を変えてみるがアタリがある場所を見つけることができない。う~ん、どうしたものか?! 名礁「小ザメ」のプレッシャーがかかる。
なんとかアタるポイントを探そうと先端の雰囲気が良いみたいなので攻めてみる。エサを赤貝、バフンウニ、ガンガゼと試すがガンガゼが一番良かったので、潮を見ながらマキエをする。

ガンガゼに割れを入れて1個掛けで狙っていると竿先を押さえるアタリが出るようになってきた。
そこで、ガンガゼの芯をハサミで取り出し、エサ撒き糸で補強しハリに通す。
芯を取り除いたガンガゼは軽く潰して磯際に落とし、間を空けて仕掛けを入れる。
仕掛けが立つと同時に竿先を押さえ、やがて走ったのでアワセを入れる。上がって来たのはイシガキ・・・。やはりガンガゼはイシガキばかりかと思いつつもガンガゼで攻める。

やがて1個掛けのガンガゼもすぐになくなるようになり活性が上がって来た。
小さめのエサだと仕掛けが立つと同時にエサが取られるため、少し大きめのガンガゼを使うとエサ取りの反応の後に竿先を押さえるアタリが出て走る。
アワセを入れて上がってきたのは45cm程の本石。見回りの前より型が小さくなったが嬉しい1枚である。
ストリンガーに繋いで、撒き餌をしガンガゼをハリにセットし投入すると、またアタリが出て本石を追加。
その後もアタリが出たが長続きせず、イシガキを追加して1日目の前釣りが終了した。

夜は船中泊するため船に乗り込む。
夕食時に他の底物師とも情報交換をするがかなり厳しい様子が伺えた。

明朝4時にエンジン始動で目が覚める。身支度をして外に出ると1番に呼ばれて立神の東側に渡礁した。
瀬に上がるとジンガサがいっぱい磯に付着していたので30個ほど確保!
潮のイメージは上げ潮なので正面から来ると推測していたが、夜が明けると
背面側からの流れが確認出来たので釣り座の選定をし、少し奥まった側の場所に構えることにした。

最初にカウント10の所を探ってみる。反応がないのでタナや仕掛けを入れる向きを変えつつ探っていくと
だんだんとエサ取りの活性が上がり、赤貝だけでは持たなくなってきたのでハリ先にジンガサを2個掛けにして、
赤貝とのコンビネーションで狙う。
すると、エサ取りの後に石物のアタリが出始めた。ジンガサはエサ持ちが良いので暫く待っていると、
穂先を押さえ込んで一気に走ったのでアワセを入れるとイシガキであった。
その後は小型ではあったが、イシガキと本石を交えて釣ることが出来た。

赤貝も残りが少なくなったので、エサをガンガゼにする。数投目に石物と思わせるアタリが出始めた。
小さ目のガンガゼは数秒でなくなるため、大きめのガンガゼを付ける。
エサ取りの後に穂先を押さえるアタリが出た。そして穂先はさらに押さえ込まれ走った!
アワセを入れるとなかなかの引きが伝わってくる。引きを楽しみ、上がってきた魚を確認すれと良型の本石!
空気を吸わせて石鯛をぶり上げる。

その後は本石とイシガキを追加して、今回の男女群島釣行は終わった、
今回の釣果は初日に本石5枚、イシガキ3枚。2日目は本石4枚、イシガキ2枚。最大の本石は57.5cmであった。

次回は、来春の男女の数釣りをまた堪能したいものだ。

(文と写真/大穂郡司 M.I.F.C副会長)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です