真夏の久志で2連勝! 

今年も各地に災害をもたらした梅雨が明け、鹿児島にも夏が来た~♪♪

私は夏の石鯛釣りが大好きで、梅雨明けを心待ちにしている一人である。

夏の天候は不安定で風も無いのにウネリがあって目当ての磯に上がれないなど、よくあることだ。しかし、真夏の磯に客は少なく、かねて乗れない1級磯は選び放題!の特典付きだからたまらない。しかも真夏の石鯛釣りは、自身ほとんどボウズが無く、5シーズン前には2日で8枚、しかも全て良型だったこともあり、特にこの梅雨明け後は私のとってのハイシーズンである。

最近は歳とともに仕事も忙しくなり、いつものような潮と天気図を見ての釣行が殆どできない立場になってしまった。

そんな中で、予定が無い7月14日久しぶりとなるホームグランド久志への釣行が叶った。

いつもの徳ちゃん餌屋でガンカゼ100個を受け取り、久しぶりとなる妙丸へ荷物を積み込む。本日の釣り人は顔の知れた底物師5人で挨拶を済ませ最近の情報を入手する。

水温上昇が原因か、エサ取りが活発らしい。おまけに、大潮のため、沖磯は激流ならぬ濁流で釣りにならないとのこと。

それではと、船長に「俺、そこ!」と伝えると乗船時間1分の磯「宮崎鼻」に到着し、早速準備に取り掛かる。

奥まった地磯でもハッキリわかるくらい潮の流れの速さを確認できる状況に加えて、ポイントが沖にあることから、オモリは40号を選んだ。

本日のタックルは、竿:Mr.Ishidai天空の剣490、リールS社2000番、道糸はHERO20号をセットしたタックルで、遠投を考慮し瀬ズレワイヤーなどは使用せず、パイプ天秤仕掛けとした。

天空の剣490を使用するには私なりの拘りがあり、宮崎鼻は中遠投のポイントであるが後ろが切り立っており長い竿では仕掛けが岩に当たったりして投げにくい。

その点、天空の剣490は短竿でありながら遠投性・操作性に優れ、離れたポイントからの魚信も確実に捉える竿に仕上っているため、欠かせない竿となっている。

釣り始めから数投は40m付近に集中して仕掛けを投入するが反応が薄く、エサの取られ方もイマイチ。そこで28m付近にコツッと当たる小さな沈みらしきものの感触があったのでそこを中心に仕掛けの投入を繰り返すこと数投。

グッと穂先を抑えるアタリが出たのでハリを咥えて走ってくれるのを待つが相手が1枚上だった様でガゼを付けたハリが素バリとなってきたが、これで確実に石鯛がいることが分かった。誰でも同じだとは思うが、石鯛のアタリをいかに早い時間に見つけることが出来るかが釣果に繋がると思っている。

あれほどハッキリとした流れもいつの間にか全く動かなくなり、エサもかじられることなく納竿まで2時間を切った12時前、天空の剣490が深くお辞儀をするように海中めがけて入っていった。手持ちに変えて石鯛特有の道糸をちぎらんばかりに走る、ラインがテンションで細くなる感触が私にはたまらなく快感である。

確実にハリがジゴクを捉えていと手元で感じたので合わせを入れると竿が起きないので久しぶりにロクマル♡♪とニヤケてしまった。

何度かの締め込みをかわして水面に姿を見せたのは綺麗な7本縞のメスで見た感じはロクマル有るようだ♪

早速新発売となったレッドストリンガーSPに繋いで回収まで泳いでもらい、次の1枚を狙うが回収に向かって来る妙丸が前方に確認できジ・エンドとなった。

港で検量の結果夏には大きめの58㎝、重量は産卵後だったため2.5kgであった。

その日は夜のホームグランド天文館で夏の風物詩「おぎおんさあ」が開催され盛り上がっていたのでお世話になっている料亭に献上となった。

 

 

この2週間後の27日、予定がキャンセルとなりポッカリと時間が空いたことから徳ちゃん餌屋に急きょ連絡すると快くガゼを準備してくれ、柳の下のドジョウを狙って前回のポイントへ♪

ヒットポイントは分かっているのでゆっくりとタックルを組み立てていく。

使用する仕掛けなどは前回と同じとして竿から先に取り出し、使用するリールやオモリをセレクト。その間はSuperIshidaiの竿掛けに竿を。これは愛竿に傷が付かず重宝しているしラインをガイドに通す時も楽。使い方はピトンに差し込むだけなので設置も楽チン。休憩のときなども立てかけておくだけで愛竿を岩によるキズから守ってくれるSuperアイテムとなっている。

ガゼを3個掛けで撒き餌を兼ねて投入すると早速、穂先を抑え込もうとする強いアタリが竿先に出ると回収のワイヤーハリスには2㎝ほどのキンクが付いてくる。

同じポイントを攻め続け10時30分天空の剣490が大きく海中めがけて舞い込み、石鯛がハリを咥えた感触を確認してから合わせると前回よりも少し小ぶりであるが今回も石鯛を手中にすることが出来た。

その後は台風12号の影響か正面からの風とウネリが大きくなり仕掛けの投入などが困難になったことから早めにタックルを片付け回収の船を待った。

検量の結果50㎝、2kg弱であったが腹にはまだ小さな卵を持っていた。

昨年も同じであるが産卵時期にズレが出ている個体も近年は多いようである。

これも地球温暖化が原因なのかもしれないと実感している。

ただ、夏の石鯛釣りは面白いよ~♪

文と写真/久木崎 稔 M.I.F.C会長)

 

カリプソファインで全員安打!

7月14日、私が会長を務める玄海石鯛クラブの大会を行いました。
場所はホームグラウンドの沖ノ島。
今回はメンバーが少なく、総勢5名での開催となりました。

午前4時にハピネスで神湊を出港。
約1時間半で目的地に到着すると、磯は比較的空いていて
2名、2名、1名と分散。
私は単独で地磯のポイントへ。

今回はMr.Ishidaiのカリプソファイン500の初卸し。
他のメンバーも同じ竿を使っています。
エサはガンガゼとバフンで、まずはガンガゼで40mほど先を狙う。
しかし数投しても反応がないので底切りを繰り返し
30分ほどすると竿先にアタリ!

と、待つ間もなくカリプソファインがピトンに張りつき
アワセを入れると久々に味わうイシダイの引き!
水深がないため強引に寄せますが、カリプソファインは腰が
強いのでまったく獲物に隙を与えず、そのまま磯際へ。
「手ごたえからして40㎝くらいかな?」と思ってのぞき込むと
50㎝2kgは優に超える良型!
一気に抜き上げストリンガーに掛けて次を狙います。

するとまたしてもアタリがあり、2枚目をゲット!
これもまずまずでカリプソファインに感謝。

この調子でいくと男女並みかも・・・?
と浮かていると、潮が変わった途端に激流となり
まったく釣りにならなくなってしまいました。
そうそう世の中は甘くないですね。

いっぽう、他のメンバーに連絡と入れると
みんな本イシの釣果を得ているようで
三城会員は60くらいのを上げたとか!?

これを聞いてさらに発奮しましたが
その後にアタリは拾えず、瀬替わり後も
たまにエサ取りが小突くくらいで沈黙。
午後4時の納竿となったのでした。

帰港後、各人の釣果を見ると
三城&吉田チームが2人で9枚!
三城会員の60は59.5㎝でした(惜しい!)

数は吉田会員が5枚でトップ。すべて本イシという快挙でした。

今回の賞金はもちろん三城会員のものに。
いつもクジ運が強いけど、実釣じゃヘッポコ(本人談)。
でも「今回はカリプソファイン500のおかげで
優勝することができました!」と喜んでいました。

なお、大会の翌日には参加できなかった安武会員が釣行し
やはり本イシを3枚仕留めてきました。

(文と写真/牧野芳宣 M.I.F.C常任理事)

 

2018年初釣行で初石鯛!

2月22日、本日は時化なのでヒラスズキをルアーで狙いに行く予定で仕事を休んだつもりだったのですが、まさかまさかの凪…。
私の釣りスケジュールとして凪なら石鯛、時化たらヒラスズキと決めていて、凪になったため急きょ今年初の石鯛釣りに決定!

早速餌の手配をしたいのですが、なんせ石鯛釣りに行ってる方が周りにはいなくて、餌は何を準備をすればいいのか分からず、なんとなく赤貝は注文して、ガンガゼは20個ぐらいあればいいかなぁと思い餌屋さんに連絡入れたのですが、電話がつながらず、片手間に青物狙いのルアーも持って行く予定だったのでガンガゼは諦めて赤貝一本で臨みました。

今回の釣行場所はホームグラウンドである笠沙・野間池。渡船はいつもの栄進丸さんにお世話になり、朝の挨拶と少し会話をしていると海水温度は15℃とのこと。
今日の石鯛釣りは私を含め2人でした。そのほか8名ほど上物釣りでした。
「瀬は沖加瀬でいいかな⁇」と船長に聞かれ、今回乗りたかった瀬だったので迷わず「ハイ」と答えました!
ヘタの加瀬、沖加瀬は潮通しも良く、過去にはクチジロの実績もある野間池のシンボルとも言える場所です。

AM7時になり皆の期待を膨らませながら出船。
そして沖加瀬に到着し、まず突然のナブラに備えルアーロッドをセット。
石鯛釣りの場を荒らしたくないのでルアーは先に投げないように心に決めていたのですが、ルアーロッドを準備し終わった途端、青物らしき魚が跳ねているではないですか…。
心に決めていたにもかかわらず、ルアーをぶん投げてしまいました…
案の定、魚は食わず…しまったなぁと思い赤貝を割り始めます。

今回はMr.Ishidaiより新発売されたバッカンとセットで購入したインナーメッシュに割った赤貝を入れていきます。水切りも持ち運びも大変便利な作りになっており、一度使ったら手放せなくなるアイテムです。

5キロ用意した赤貝を半分ほど割り、今日はどの竿で攻めようかと考え、
足元釣りにはこれでしょ!!
てなわけで手にしたのは天空の剣490MH。
長さも張りも食い込みもとても気に入ってます。
ハリはM-2本石16号、瀬ズレは20号のオタフクオモリと宙釣り用クッションゴムを既に装着したものを使用。

竿に糸を通したり仕掛けを作ってる最中に
スーパー竿掛けがあれば楽なのになぁと感じました…。

準備が完了して粗割りの赤貝を5個つけて緊張の第1投目。
ドキドキしながら春石を思い浮かべ浅ダナ8m付近にて手持ちで構える。
エサ取りはいるものの、本命らしき当たりはなく仕掛けを回収するとエサはない。
まあまあ最初なのでと自分に言い聞かせ10m前後を何度か攻め続けるもエサ取りのあたりのみ…。
10投目ぐらいでしょうか?
軽く穂先を抑え込み何かがハリに掛かった感触があったので合わせを入れると上がってきたのは左巻き(タカノハダイ)…。人生で初めて釣った魚でした。
そうこうしてる間にも近くで青物は跳ねるが、ルアーは完全無無視。

気づいたらもう12時過ぎていて、何も釣っていないので気持ちがあせります。
すると下げ潮が入り始め海の雰囲気がガラッと一変。
上物で相乗りしていた方に良型のクロが釣れ始め、もしかしたら魚の活性も変わってるんじゃないかなと思いルアー投げるか、赤貝投入するか迷った末に選んだのは赤貝でした。

粗割りの赤貝3個を付けカウンター12.5mに手持ちで構える。
すると穂先をボヨンボヨンする当たりが!
あきらかに今までのエサ取りの当たりとは違う。しかし少し穂先を押さえ込んだ所でエサを離してしまう。
まだハリにはエサが付いてると思い、もう一度当たれ〜と祈りながら、ドキドキしながら待っていると、グググーンと石鯛独特の本アタリ。
しっかり走らせてからアワセを入れ、やり取りをしながら魚の引きと何が上がってくるかのドキドキ感を楽しむ。そして水面に見えたのは紛れもなく本命の石鯛!
ハリ掛かりと魚の大きさを確認し、天空の剣で難なくぶり上げる。
この時すでに13時15分を回っていたのですが、もしかしたらもう1枚いるかもと思ってすかさずストリンガーファイブに掛け、赤貝を付けて手持ちで構えるが、片付けもしないといけないので気持ちが釣りに集中できないまま納竿となりました。

今回の釣行で思ったことは、
最後の最後まで諦めないということですね!
石鯛釣りでもルアー釣りでもですが、
時合はいつ来るか分からないということです。
サイズ的には48㎝1.8kgと小ぶりではありますが、
諦めずに最高のタイミングを逃さなかった今回の釣行は自分自身得るものがあったと思います。

気持ちの良い状態で帰宅し、道具の手入れをしていたら、
なんとここでもインナーメッシュが活躍してくるじゃないですか!
インナーメッシュにストリンガーやらルアーやら入れて、それをシャワーで流し、そのままハンガーにかけて、はい、終了!!
片付けがだいぶ楽になりました!

道具の手入れも終わり石鯛を捌いてみるとカメノテが入っていたので結構上層まで浮いてきていることがわかります。
今から春石本番です!
更なる大物を目指して次の釣行に臨みたいと思います!

(文と写真/木場啓輔)

64.5㎝が優勝魚!第2回チャンピオンカップ

11月12日、M.I.F.C(Mr.Ishidai FUN CLUB)主催の

「チャンピオンカップin五島」が開催されました。

福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、そして広島から集まった

参加メンバーは、午前2時過ぎに平戸から「NFC海遊」で一路五島へ。

風向きが北だったことから中五島に展開すると、さすが秋の好シーズンだけ

あってポイントは満タン。それでも空いている場所を探しながら

メンバーを磯へと渡礁させていきます。

やがて夜明けから、いざ釣り開始。

スマホで次々に情報が入ってきますが、なかなか本命の声は聞かれず

「とにかくハト(イラ)が多い」「ハトの天国だあ!」と

どうやら外道に手を焼いている様子。

それでも「イシガキが釣れた」「本イシも上がった模様」などと

ニュースが飛び交い、午後2時前に納竿。

帰港後の検量では、北九州から参加の川頭さんが取り出した

デカバンに注目!

実寸64.5㎝でぶっちぎりの優勝となりました。

2位は残念ながら本イシは提出がなく43.5㎝のイシガキを釣ったM.I.F.C副会長の

大穂さん、3位には佐賀の岩崎さんがそれぞれ入賞となりました。

表彰式では優勝の川頭さんに石鯛JAPANの天空の剣490が授与されたほか、2

位、3位、そして会長賞と続き、大いに盛り上がりました。

「釣りは楽しく、和気あいあいと!」がモットーのM.I.F.C。

今回も大いに笑い、旧知の仲間、新しい仲間と楽しめた秋の一日でした。

参加者のみなさま、大変お疲れ様でした。

今回参加できなかったメンバーの方は、ぜひ次回ご参加ください。

 

 

引っ越しました!

ホームページのリニューアルに伴い一時中断しておりました
フィールドレポートを再開しました。
今後は一般の方々からの投稿も受け付けますので
どしどしお寄せください。

フィールドテスター、フィールドスタッフをご希望の方へ

Mr.Ishidaiが希望するテスター・スタッフは
釣りのテクニックなどが優れている、マナーとモラルを守ることはもちろんですが
“書けること”と“写せること”を重んじます。
ライティングはテスターにとって必須項目で、カメラもスチールと動画の
2つができないと現代のメディアには対応できません。

このレポートはそうした意味から将来テスターになりたい方の
Gateway to successであると考えています。
レポートはwordもしくはTEXTに打ち込み、写真をjpgまたはpngデータにして
メールに添付してお送りください。
動画の場合はギガファイルをご利用ください。

送付先は
info@mr-ishidai.jp