石鯛が外道???第1回イシガキダイ釣り選手権

石鯛釣りの外道として扱われてきたイシガキダイをターゲットにイシガキ選手権なるものをしてみたいのですよね、と言ったことがきっかけとなり、9月10日に鹿児島の坊泊で第1回イシガキダイ選手権を開催する運びとなりました。

8月に入りSNSなどで開催の案内をお知らせしたところ、思いもよらない反響にビックリ! 石鯛しか目にない底物師のとっては、厄介となるエサ取りのイシガキダイが大会のメイン魚となるだけに敷居が低いというか入りやすいというか・・・。開催案内した翌日には50名近いエントリーが寄せられました。

坊泊には3軒の瀬渡し船がいるが参加クラブ単位で渡船も決めてくれたため、運営側としては大会までにスムーズに計画を実行できました。

私が所属するM.I.F.Cチームは、侍丸のお世話になる事で予約を済ませ、大会前日を迎えることとなった。宮崎を除く九州各県からのエントリーもあって大会は盛り上がりそうな感じ。

今回のサポート役をかって出てくれた同じチームの川路君と午前2時に待ち合わせ早目に開催地である坊泊を目指す。

余裕を持って4時前には港に到着したのだが、長崎の西川、佐賀の大宅両氏は既に到着済みで気合も入っている様子。「こりゃまたボウズやな西川君…」と心のなかで言ったのは私のなかで封印しておこう。

午前5時過ぎにはすべての参加者がエントリーを済ませ、急遽参加が出来なかった人もいたが、前日に再度SNSで告知した効果もあってか、当日参加申込み者2名を追加した総数42名で第1回イシガキダイ選手権の火蓋が切って落とされた。

珍しく無風ベタ凪の状況での開催だけに、各渡船も我が船から日本1のガキ大将を!と意気込みが感じられる。

私を含む実行委員は表彰式の準備等のため納竿時間の1時間前に回収をお願いし先に港へ。すると船長の話では至る所にストリンガーロープが見えるとのこと。検量が賑やかになりそうな予感。

13時半前には続々と参加者が港へ戻ってきた。荷物を各自、自分のもとへ運び終わった参加者が魚の入ったバッカンを手に検量所へ持ち込み、一気に慌ただしく賑わいを見せた。

圧巻は春夏秋冬石鯛クラブの中仮屋氏が持ち込んだ本石58㎝、3.1㎏!
しかし、本大会は対象外。検量所は一気に笑いの場に替わった。

33㎝くらいのイシガキダイの持込みで振るわう中、海水の入ったバッカンを重そうに検量所へと運んできた若者が提出したイシガキダイは見るからに「おっ!」と思われるサイズ。

検量の係がサイズを読み上げると「お~!!」と歓声が上がった。
実寸38.5㎝、1.3㎏! 普通の本イシをメインにした大会では入賞にほど遠い
サイズだが今回はイシガキが本命。かくしてこの1枚が「日本一のガキ大将」と決定したのでした。

最終的に検量所へ持ち込まれたイシガキダイの数は10枚、本石は6枚で、中には一人で7枚ものイシガキダイを釣った方もいたようです。

閉会式では豪華賞品が入賞者に配られ盛大のうちに大会の幕が閉じられました。

大会の結果は次の通り(敬称略)。

〈イシガキダイの部〉
優勝 安栖 大志 38.5㎝ 1.3㎏
2位 供利 吉男 35㎝ 0.9㎏
3位 城 邦夫 34.5㎝ 0.94㎏
4位 宮原 道明 34.5㎝ 0.88㎏
5位 谷山 範子 33.5㎝ 0.79㎏

〈他魚の部〉
1位 重久 正彦 コロダイ 64㎝ 3.03㎏
2位 山元 信一 青ブダイ 59㎝ 3.8㎏
3位 中仮屋 真一 石鯛 58㎝ 3.1㎏

協賛いただきました、餌の大漁様、洋食一番館様ありがとうございました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。大会運営に関しましては、実行委員会の不手際や配慮不足などありましたことにお詫び申し上げます。

最後に、おそらく日本で初めてであろうイシガキダイ釣り選手権でしたが
本イシと比べて気軽に狙え、しかも誰にでも優勝できるチャンスがあること
から、いつもより増して盛り上がりました。
また、機会があれば第2回、3回と回を重ねていきたいと思います。
では、次の大会(11月12日のチャンピオンカップ)でまたお会いしましょう!

(文と写真/久木崎 稔 M.I.F.C会長)

 

猛暑もなんのその!久志の夏合宿!

梅雨も明けた7月15日から恒例になりつつある、夏の石鯛釣り合宿をホームグランド南薩久志で今年も開催する運びとなった。
今回のメンバーはM.I.F.C南九州支部から、木場啓輔、内田大介、川畑文範、長崎から西川正彦、取りまとめ役として私が参加し、福岡からはKさんが参加、合計6人で真夏の強化合宿が始まった。

出船前の午前5時、港に到着すると当日の最高気温34℃の予報にも関わらず20人を超す底物師が乗船の準備中で、今期の石鯛の乗っ込み時期の遅れをあらわすかの様な光景である。
私たちも急いで準備を始め、船に乗り込み、新しく発売されたMr.Ishidaiの
底物 バッカンに本日のエサとなるガンカゼ80個を入れ込む。

今日は久しぶりに初代船長の操舵で渡礁となるようだ。
相変わらずアグレッシブな操船で「中ン瀬」から瀬付けが始まり、4番目に呼ばれた私は昨日釣果のあった「シオフキ」である。
ここは春先から調子が良く、今期はなかなかの好釣果に恵まれている瀬であって、特に人気の瀬となっている。
前方にある長瀬にはKさんが渡礁。ここも足下23~26mくらいで春に好釣果を出す瀬として人気だ。

早速、潮の流れ具合、風の状況などを自分なりに確認し本日のタックルを組み立てる。
竿:カリプソ石鯛500(小潮で流れが緩くポイントが足元のベタ底の為)
リール:2000番
道糸:22号
ハリ:M-2本石15号
オモリ:真空オモリ10号を使った本仕掛けで宙釣り仕掛けで狙うこととした。
さらに竿キズツカーズ、尻手には石鯛JAPANのロッドコードプレミアムを使用。

組み上げたタックルで早速水温を測ってみるが、今年は状況が例年よりも違うようで、早い時期から水温が上昇し海中10m付近の水温は渡礁時、既に27℃を示している。

準備したガンカゼは80個。
第1投目。通常の狙いどころ23m付近から様子を探っていく。
案の定エサ取りの活性が高く竿先を「カン!カン!」というような具合で叩いてエサがなくなる状況がしばらく続く中、何回かに1度は「ズシッ」とした石鯛特有のアタリがある。
慎重に仕掛けを投入し手持ちで構えるが相手が1枚上手の様で、なかなか食い込んでくれず、残りのガンカゼも少なくなったところで、16m付近ですんなり走ってくれたのは将来を期待する手のひら級のイシガキダイ・・・((+_+))
これで初日のゲームセットとなった。

港に帰り枕崎の温泉に入った後、いつものBBQとビールで乾杯。
翌日の作戦を練り直し早目の就寝となった。

合宿2日目。
釣り客の声で目が覚める。
最近人気のタイラバ客もいるようで昨日より賑わっている。
久しぶりに顔を合わす方と軽く挨拶を済ませ、出船時間の5時半船長と打ち合わせた目的の瀬に一直線。
西川君は名礁「沖双子」へ、Kさんはこれまた名礁「ヘタ双子」へ。
西川君は初の久志での石鯛ゲットなるかと期待しながら、私は船長に「なんで?」と言われながらも、下げの釣り場である「4番」へ渡してもらうことになった。
4番はもともと下げ潮でかなりの実績がある。しかし当日は小潮の12時満潮の上げ潮、つまり反対潮ということになる。だが、この潮の時は上げ潮がゆっくりと反転流を発生させながらポイントに当たってくるため、逆潮であるが、かなりの確率で本命が期待できる。

早速タックルの準備を済ませる。
本日は、前回(7月10日)釣った時の状況を参考に、浅いポイントを安定した仕掛けで狙おうと思い。
竿:天空の剣490MH
オモリ:真空25号
以上の2点だけを昨日と変更し最終日に挑んだ。
ポイントは前方にはっきりとわかる沈み瀬の間の1カ所のみ。

上礁したのは良いが、西向きに釣り座を構える4番は当日南西のウネリで少しばかり足元を洗っている。ベタ凪でも満潮時は釣り座を残して水没するだけに一発波には緊張感が走る。
手持ちでは波の飛沫を被り釣りにならないので、天空の剣490MHのハリがあってもアタリが伝わりやすく、かつ食い込み抜群の性能をフルに発揮してもらうために、あえて置き竿で挑むこととした。
本命の23m付近のポイントからは、大きく仕掛けを落ち着かせる位置を変更し、17m付近で反応を探る。
1投目からガゼ「ペロリ」で完全素バリとなって上がってくる。
やはり春の状況と同じ浅いタナに本命はいるようだ。
瞬く間にエサがなくなるので、ハイパースコップでケンを切る。
ハサミで切るより数倍の速さで切る事ができかなり便利だ。

10回くらい投入したころ穂先が少しお辞儀したかと思ったら、ゆっくり海中めがけて入りだした。そしてそのままベッタリとへばりついた。どうやら本命を捕らえたようである。
M-2は完全にジゴクを捉えていると確信したが念のため合わせを入れる。
緩めに設定したドラグは時折道糸を引き出されるが天空の剣の抜群な腰で本命の走りをこちらに向けることができ、締め込みにも難なく動きを制し浮いてきたのは、見るからにはロクマルを思わせる綺麗な七本縞である。
M-2がジゴクをガッチリ捉えていることを確認して、ブリ上げる。ストリンガーに通しタイドプールで回収まで泳いでもらい、急いで次の1匹を狙う。

そのころからウネリも大きくなりだし、釣り座に行くにも波のタイミングを見ながらになってきて釣り辛くなってきだしたがアタリは相変わらず好調。

午前10時を過ぎたころ、再び天空が勢いよく海中へベッタリ。
3回ほど突っ込んだ後、手持ちに持ち替えガッツリ合わせて手にしたのは少し小さい2㎏クラス。これもストリンガーに繋ぎ仲良く泳いでもらう。

遠くに妙丸がこちらに向かってくる姿が確認できたため、アタリはあるが安全を最優先し瀬替わりを決断し、Kさんの居るヘタ双子へ瀬替わりした。
こちらも朝から高活性の様であるがイシガキばかりとの事。
私も構えてすぐに「ギュン!」と1㎏クラスのイシガキが走ってくれた。
その後、Kさんが1.5㎏位の石鯛を仕留め、満潮時間を過ぎた13時あまりの暑さのために回収となり今年の「真夏の強化合宿」は終了。

今回のようにM.I.F.Cのメンバーが集まって親睦できることは私にとって最高の財産であり、最高の時間を共有できることは何事にも代えがたいものであると思えました。
2日間ケガもなく安全に釣行が出来き親睦を図れたことは釣果よりも最高の収穫だったと思います。

今回の釣果は55㎝3㎏、50㎝2㎏、イシガキ1㎏でした。

使用渡船:妙丸 0993-68-0717
(予約、出船確認は必須)
エサ:必要な時は釣行予約の際に注文してください。

(文と写真/久木崎 稔 M.I.F.C会長)

 

 

天空の剣、久志ではばたく!

梅雨明けを間近にした7月10日、ホームグランドの鹿児島県久志へ出かけました。同じM.I.F.Cの川路君のたっての希望もあり、久しぶりの平日釣行である。

午前5時半の出船に間に合わせるために余裕を持って自宅を出発。しかし、
やる気満々の相方は〇坊したらしく、遅れてくるとのことで1便目の乗客は私一人だった・・・( 一一)

前日からのシケが少し残っているのと南西からのウネリで瀬の周りは真っ白。
風裏となる大瀬を目指すが久しぶりに緊張感のある瀬上がりとなった。
まずは安全のため、波の上がってこない場所へ荷物を運ぶ。
南の風の影響で、蒸し暑さも手伝ってか既に汗びっしょりとなって、しばし休憩の後タックルの準備に取り掛かる。
本日のタックルは
竿:天空の剣490MH
リール:2000番
ライン:22号
オモリ:25号
ハリ:M2-15号
ピトンはラークピトン、ロッドコードプレミアム竿キズツカーズなどのMr.ishidai製品ほぼフルラインナップで挑むこととした。

ここ最近の状況では、石鯛のアタリが中層から上のタナで多く拾える状況であったため、通常狙う25m付近ではなく、春に良くアタリが頻発する15m付近から攻めてみることとした。
狙いはビンゴの様で、カベに安定すると共にエサのガゼがペロッと無くなる状況が2投目まで続いたので、3投目、しめしめと思いながらそ~っと同じタナに仕掛けを落ち着かせると、一呼吸おいてから本命独特のズシッ!ズシッ!と穂先を抑え込むアタリを拾うことができた。
好活性であるようで一度抑え込んだ穂先は戻ることを知らないかの様に海中へと引き込まれ手元にあの重々しい重量感が伝わる。竿と道糸が一直線になり、道糸が伸びるような何とも言えない感覚が襲いかかる。確実にハリを咥えて走った事を確認し、合わせを入れる。手元に伝わる感じでは元気のある小型の石鯛の様な感じを受けたので天空の剣490MHのパワーに任せて竿の弾力だけで浮かせてみる。

掛かった石鯛も暴れることなくすんなりと浮いてきたが、結構な良型である。
ハリ掛かりを確認し、ブリあげると60㎝には足りない腹が少し膨らんだメスの回遊石鯛だ。


それにしても天空の剣490MHは何と高バランスで扱い易い仕様になっているのだろうと驚いた。仕掛けの投入から回収、餌の交換など手返しの早さなどにおいても申し分の無い竿に仕上がっていることにも感心する。

石鯛は早速、ストリンガーポーションⅡでガッチリと繋ぎ止め、海の中で回収まで泳いでもらうことにする。足元はかなりのウネリにより真っ白で、石鯛も泳ぎ辛そうと海中を覗き込むと、ビックリ!2mほどのサメがいるではないか。慌てて引き揚げ後ろのタイトプールに入れるがこちらも満潮時間と重なって洗濯機状態。こんな時はドンゴロスなどの持参も必要と感じた。

その後もペロッとガゼが無くなる状況が続き、本命の下げ潮が入りだした午前10時、置き竿にしていた天空の剣490MHが海中めがけて突っ込んだ、2度、3度の突っ込みを確認し、ピトンから外して竿の弾力だけで魚を暴れさせることなく浮かせてくれる。何とも素晴らしい竿だ!
1枚目よりも少し小さい7本縞であるが十分に満足できる型なので、ストリンガーに追加。


昼に近づくにつれて大潮の流れも速さを増し、段々と釣り辛さを増してきたが、操作性の良い竿の為、狙った投入点に確実に仕掛けを入れることも可能なので仕掛けさえ入れることができれば確実にアタリを捕らえる事が出来た。
3匹目は5キロを優に超える大瀬お決まりの青ブダイ。優しく海にお帰りいただいた。
80個用意したガンカゼは回収前には底をつき早目にゲームセット。回収の船を待った。港に戻り、2代目に検量をお願いした結果、55㎝、2.3㎏と50㎝2.1㎏の、のっ込みの石鯛でした。

今回の釣行で思ったことは
1、春をまだ引きずっているようなのでタナは浅目に。
2、大型のオスの気配も十分なので貝餌もあった方が面白いかも。
3、水温が高い状況にあるので、釣った際のキープ方法も考える必要あり。
4、使用済みの仕掛けの放置、ごみの放置、餌の放置は後の人の事も考えて。
5、暑さ対策は自己責任において十分な対応を。
以上でした。

使用渡船:妙丸 0993-68-0717
(予約、出船確認は必須)
エサ:必要な時は釣行予約の際に注文してください。

(文と写真/久木崎 稔 M.I.F.C会長)

佐多岬で良型本イシGET!

 

梅雨入りしているにもかかわらず快晴続きの九州南部、平日休みを利用して久しぶりに佐多岬田尻に釣行してきました。
前日に船長に連絡入れてみたところ「型はだいぶ落ち着いてきた、明日は当番瀬が良い所はないが他船の空き瀬を交渉するよ」との話。予約をお願いしました。

当日はAM1時に起床、携帯で占いをチェックすると11位(*_*)重い気持ちで準備を済ませ出発しました。
田尻港に到着したのは4時半ぐらい、この港には6軒の渡船がありますが、私が利用している船は毎回最後・・・しかも今回は私一人の乗船みたいです。船長と挨拶を交わし出発しました。船長から「ケバ離と沖出平、どっちがいい?ケバ周りは型は小さいよ沖出平にする?」とのこと。お任せしますとの返事をし、瀬着けされたのは沖出平。ここは数回上礁したことのある所。沈み瀬やハエ根が複雑で根掛りが多発する所ではあるが小型石鯛を数枚釣っている相性の良い瀬。

乗礁後、早速準備に取り掛かる。今回使用するタックルはMr.ishidaiより発売されているHERO22号コイル天秤ゴムチューブブラックを使用。そして何より昨年の発売されたハイパースコップを持って来た。このスコップは編目状になっており、スコップの上でガンガゼを転がすだけで棘をカットできる優れもの。発売と同時に使用しているが素早くカットでき、潰したガンガゼをマキエとして撒く際も使用でき大変便利です。

 

準備を済ませ、いつもの足元に第一投。潮が入っておらず、生命反応はなし。数分たち仕掛けを回収。数回繰り返すが状況は変わらないため、20数m先にある沈み瀬周辺を攻めてみることに。するとエサ取りの細かな当たりではあるが反応があるため、こちらを集中して攻めてみることに。早目の底切りを繰り返し、マキエとしてのガゼを投入。エサ取りも活発になってきたところでガンガゼ2個掛けでじっくり待つ事とする。

数投繰り返すとこれまでとは違う重々しい当たりが出た。仕掛けを押さえて行き竿と一直線、これ以上は無理やろと言うところまで押えられたところで最後の一走り。渾身の引抜き合わせを入れ、すかさずポンピング開始。なかなかの重量感。主導権を握られないよう慎重にやり取りをします。水面付近で銀ワサと確認、しかも良型だ。波に乗せ瀬に横たわったのは久しぶりの良型石鯛、思わずニンマリ。ストリンガーに通し一安心。すぐさま次のエサを付けて投入する。

と、またしても当たりがきたが最後の一走りまで至らない。そこで石鯛がいなくならないうちにと、手返しを早めてチャンスを逃がさないようにする。こんなときはハイパースコップをエサの準備が早くでき、このような場合は非常に便利だ。

しばらくすると先程と同じく重々しく押えこんでいく当たり。同じように一直線になり最後の走り、引抜き合わせ後やり取りし顔を見せたのは同じく銀ちゃん。更に顔はニンマリ。途中釣り上げたイシガキと一緒に写真撮影。倶楽部メンバーからメールが届きさらにニンマリ。その後はエサ取りも活発化。竿を引ったくり横走りする良型フエフキ鯛を3枚追加するも準備したガンガゼが底をつき終了。客一人だったため船長に連絡しPM1時の回収をお願いした。迎えの船に乗り話をし「やったな、おめでとう」の言葉と記念撮影、帰港となった。

帰宅後、サイズを測るとちょうど60㎝と56㎝、久々の納得サイズでした。次回もさらにサイズアップ目指し頑張りたいと思います。

今回使用Mr.ishidai製品
HERO22号
ゴムチューブ(ブラック)
コイルテンビン
ホワイトリード尻手
ハイパースコップ
スライドハリスケース

(文と写真/牧之瀬幸一 M.I.F.C)

好調 野間池!!

ゴールデンウィークは仕事で明けてから釣りに行こうと決めていて
5月8日の 月曜日に今絶好調の野間池、栄進丸にて釣行。
平日なのでお客さんは少ないかと思って港に到着する。
するとさすがに60オーバーが続出しているエリアには多くの底物師たちが…
同船したお客さんに話を聞くと、
ゴールデンウィーク中より今日はお客さんが多いとの事。

乗りたい瀬はあったのですがこれだけ多ければ難しいと諦め船に乗り込む。
この栄進丸は瀬の予約を受け付けていないため完全船長任せとなる。
そしてどこに乗るんだろうと心踊らせながら朝6時に出港し、私が上礁したのは大横瀬という野間岬の先端に位置し、潮通しが抜群に良い場所。
しかもこの大横瀬は私が石鯛を初めて釣った忘れもしない瀬!

早速タックルを準備。
私はいつも予備のために竿は2本、リールも2個持って行き、もしものことがあった場合に備えている。
赤黒デザインMr.Ishidaiのロッドケースに食い込み重視のカリプソ500と、張りのある天空の剣490MHが入っており、どちらも気に入っているのですが、迷った末に取り出したのは少し短く手持ち宙釣りに最適な天空の剣をチョイス。

リールは手持ちに最適なD社の30番をセット。このリールには最近私の周りにはナイロンを巻いてる方が多いが当たりの取りやすさや根掛かり時の切りやすさを考え、15号のPEを巻いている。

瀬ズレにはダブルクッションゴムを付け、真空オモリ10号を装着。
軽いオモリで竿の長所を最大限まで引き出す作戦である。
ハリスワイヤーは25cm、ハリは16号を使用。

エサは前日釣具屋で購入しあら割にしておいた赤貝5kgとエサ取りが多すぎてどうしようもない時のためのアシハラガニを20匹ほど準備。

まずは殻付きのあら割のまま生の赤貝を5個程度針に通し期待を込めカウンター8mに投入して手持ちで構える。
すると、ん?
エサが取られない…。
2〜3分程度そのまま手持ちで構えるがコツリとする当たりもなく
エサもかじられたあともなく不安な状況が…(;’∀’)

大横瀬というところはとても広い瀬で、ポイントも広範囲でどこを探ってもちらほらコツコツぐらいの当たりで不安な気持ちは続いたまま時間だけが過ぎていく。

9時すぎに近くにいた船長から当たりがあるかの確認があり、当たりがないことを告げ瀬替わりすることに。次に上がったのは片平という瀬で、大潮満潮時には完全に沈み、潮が大きかったり少しでも時化そうな時には乗れないプレミアムな瀬である。

その瀬に乗れた感動とよし頑張るぞという意気込みでまたまた新鮮な気持ちで第1投をカウンター10mに投入する…しかしその意気込みとは裏腹にここでもエサ取りもいなく、赤貝の剥き身3個掛けがそのままハリに付いてくる状況…。
ここもかぁと思い、荒割りにした赤貝をパラパラ撒き餌をし、おにぎりを1個食べて再び手持ちで構える。

するとコツコツとあきらかにエサ取りとは違う当たりが…。
さらに天空の剣の竿先を抑えこんでいき30㎝ほど送ったが、後一歩というところでエサを放してしまった。すかさずもう一度同じ棚へ投入するも先ほどの当たりはなく、ちょうどその時友人からどこの瀬に乗ったかな?などの電話が来たので今当たりがあってなどのやりとりをし、改めて同じタナを探ると先ほどの当たりがあり、今度は食い渋りせずに天空の剣が海面目がけて一直線に!

魚を掛けた場所にはちょうどハエ根があり、主導権を握らせないために体制を整えてやりとりをを始める。ようやく魚影を確認すると紛れも無い本命7本縞。
型は48㎝、2kgと小ぶりではあったが苦労してとった貴重な一枚となった。

ストリンガーに掛け、時間があるのでまだ釣れるのではないかと期待を込め投入するもまたまたエサを取らない状況となり、そのまま納竿まで当たりはなく今回の釣行は終了となった。

今回はピトンも打たず、ずっと手持ちで釣りをしていたのですが、天空の剣の操作性のしやすさや軽量ということもあり疲れが全くありませんでした。

本命を釣ったのでウキウキして回収の船に乗り込むとバッカンから出ている銀色の巨大な尻尾が…そして私が第一希望で乗りたかった瀬からも巨大な魚体が…さすが今期絶好調の野間池。

ちなみのこの日の上がった最大の石鯛は68㎝、6.7kgのデカバン!思わず盗撮してしまいました(*^^)v

この石鯛をみたらやはり次回も挑戦したくなります。
まだまだ石鯛は釣れるので潮回りが良さそうな日を見計らって仕事に打ち込み休みをとりたいと思います。

野間池…今が旬です!!

(文と写真/木場啓輔 M.I.F.C)